名古屋市・名東区・猪子石 香流 引山・周辺の歯医者「よこち歯科・こども歯科」のインプラント治療をご紹介します。

インプラント

歯を失っても
快適に過ごせるように

インプラントの構造

失った歯を補うための治療には、インプラントや入れ歯、ブリッジという方法があります。
入れ歯は噛む時に異物感があり、取り外しの煩わしさがあります。ブリッジは健康な歯を削って支柱にしなければならないなど、周囲の健康な歯への影響も心配です。
インプラント治療では、失った歯を支えていた骨にチタンでできた人工歯根(インプラント体)を埋め込んで骨と強固に結合させてから、人工歯根に人工の歯を装着します。
骨に支えられるためグラつくことなく、しっかりと噛めるようになります。また、見た目も自然で美しく、ご自分の歯と同じように歯ブラシでのケアや医院での定期的なメンテナンスだけで長く使用できるので、ほとんど手間がかかりません。1965年に発明されて以来、多くの患者様に選ばれている、安全性の高い治療方法です。

*

世界的に信頼性の高い
アストラテックインプラントシステムを使用
*
よこち歯科・こども歯科では、世界的な製薬・医療器具メーカーであるアストラゼネカ社のグループ企業のアストラテック社により開発された、アストラテックインプラントを使用しています。生体親和性に優れ、歯周病に対する抵抗力が高く、長期間安定して使用出来る素材である純チタンを用いた歯科用インプラントです。1985年から開発に取り組み、現在その研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を受けています。

IMPLANT

入れ歯・ブリッジとの比較

お口の中やお身体の健康状態、ご希望に合わせてお一人ごとの治療方法が異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

インプラント
インプラント
  • 違和感なく自分の歯と同じように噛める
  • 健康な歯を削る必要がなく、自分の歯を多く残せる
  • 見た目が美しく、天然歯とほとんど変わらない
  • 手術が必要
  • 保険適用外のため、治療費が高くなることがある
  • 比較的、治療期間が長い
入れ歯
入れ歯
  • 比較的、治療が簡単で短期
  • 保険適用であれば比較的安価
  • 自費の材質によっては見た目がきれい
  • 硬いものが食べにくい
  • 食べ物が入れ歯に挟まるとむし歯の危険性が高まる
  • 保険適用の部分入れ歯の場合は留め金が見えてしまい、見た目が良くない
ブリッジ
ブリッジ
  • 固定されるので、あまり違和感がない
  • 自費の材質によっては見た目がきれい
  • 治療期間が短い
  • 保険適用であれば比較的安価
  • 隣接する健康な歯を削らなければならない
  • 支えになる歯に大きな負担がかかる
  • 食べ物が歯肉との間に挟まるとむし歯の危険性が高まる

インプラントの流れ

  • 1
    カウンセリング
    よこち歯科・こども歯科では、半個室のカウンセリングルームにて丁寧にお話を伺い、歯を失ってしまった経緯やインプラントでどういった回復を求めているかなどをお聞きします。
  • 2
    精密な検査
    歯並びや噛み合わせ、顎の骨、お身体の状態などをより的確に確認・把握するために、レントゲン写真や口腔内写真を撮影したり、血液検等査を行います。
    ※検査結果によっては、インプラント治療を受けられない可能性もありますのでご了承ください。

    レントゲン機器

  • 3
    診断に基づいた治療計画立案
    検査結果をもとに、インプラントの本数や費用、治療にかかる期間などについてわかりやすくご説明いたします。インフォームドコンセントを徹底し、インプラントのメリットはもちろん、リスクについてもご説明いたします。患者様が理解・納得された上で治療を開始しますので、十分に検討していただき、ご不明な点はお気軽にご相談ください。

    説明風景

  • 4
    安全な手術のための前処置
    インプラント治療を安全に行うために、まずは必要に応じて口腔内の環境を整えます。むし歯や歯周病の治療、あごの骨が少ない場合には骨の再生治療など、インプラント治療を安全に行うための大切な準備となります。

    前処置風景

  • 5
    インプラント埋入手術
    コンピューターで適切な位置をシュミレーションした上で、歯槽骨にドリルで穴を開け、人工歯根(インプラント)をあごの骨に埋入します。手術の翌日以降は通常の生活ができます。

    埋入手術イメージ

  • 6
    治癒期間
    インプラントを埋めた部位(上顎、下顎)や骨の質などで治癒期間は個人差があります。
    通常はインプラントとあごの骨がしっかり結合するまで2〜6ヶ月程かかります。この期間、仮歯を使用できる場合もあります。
  • 7
    上部構造の製作
    埋入手術後、上顎で4ヶ月〜6ヶ月、下顎で2ヶ月〜3ヶ月で上部構造(人工歯)の型取りをし、セラミックの被せ物を作製します。
    型取りをして1〜2週間後、上部構造を装着し、様子を見ながら噛み合わせの調整を行います。

    上部構造の製作イメージ

  • 8
    メンテナンス
    インプラントを快適に使い続けるためにはメンテナンスが大切です。アフターケアをきちんとしなければ、高いお金を払って埋入したインプラントを除去したり、再手術が必要となります。インプラントの大敵である歯周病を防いだり、残った歯を健康に保つための正しいホームケアの方法をご案内し、3ヶ月〜6ヶ月に一度のお口のチェックや歯科医院でのクリーニングを定期的に受けていただきます。治療後の健康を維持するためにも、ぜひ定期検診にお越しください。

    メンテナンス風景

名古屋市・名東区・猪子石 香流 引山・周辺の歯医者「よこち歯科・こども歯科」
ページの先頭へ戻る